チート過ぎる元勇者の自由気ままなハイスピードスローライフ

男は魔王を倒して世界に平和を取り戻したが、人間は男を恐れて、彼を監視した。
英雄なのに、まるで囚人のような扱いを受けた。
男はキレて、勇者をやめて魔王を復活させた。
人間側は慌てて男の機嫌を取ろうとしたが――時既に遅し。
しがらみばっかりの勇者でいるよりも、魔王と一緒にいて自分の力を自由気ままに振るったほうが人生楽しいと、男は気づいたのだった。

チート過ぎる元勇者の自由気ままなハイスピードスローライフのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました