不遇職【人形遣い】の成り上がり ~美少女化した人形たちと、最強の座まで最高速で登りつめる~

十歳になると女神の信託により職業を与えられる世界。
使役する人形を囮にして、魔物の気を引くしかできない【人形遣い】は不遇職であった。

そんな【人形遣い】になってしまった主人公アイク。
アイクは決して人形を囮のように使うことはなく、常に大切な仲間として扱いながら戦い続けた。
その結果、奇跡が起きる。

人形に心が宿り、意思を持つようになったのだ。
そして意思を持った人形は、これまでとは比べ物にならない力を有していた。

強力な力を手に入れたアイクと人形たちは次々と強敵を打ち倒していき、最強の座まで最高速で登りつめていく。

アルファポリス様、カクヨム様にも投稿しています。

不遇職【人形遣い】の成り上がり ~美少女化した人形たちと、最強の座まで最高速で登りつめる~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました