初級魔術マジックアローを極限まで鍛えたら ~追放された貴族の学生、希望を捨てずに修行して最強に至る~

【書籍化します】
初級魔術マジックアローを幼くして覚えたアルベルトは将来を期待されたが、他の魔術は何も覚えられなかった。

体面を重んじる貴族の父は出来そこないのアルベルトを追放する。アルベルトは与えられた家で一〇年間マジックアローの魔術書だけを読んで過ごす。

その日々はいつしか彼の魔術を限界突破させていた。

受験に間に合わないと嘆く少女ローラにアルベルトは言う。

「俺がマジックアローで連れていこう」
「射程五〇メートルの攻撃魔術でどうやって?」

極めた初級魔術で苦難をはねのけ、いずれ最高の魔術師へと成り上がる英雄の物語。

// 旧タイトル:Lv1魔術マジックアローをLv999まで鍛えたら ~追放された貴族の学生、希望を捨てずに修行して最強に至る~

初級魔術マジックアローを極限まで鍛えたら ~追放された貴族の学生、希望を捨てずに修行して最強に至る~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました