女魔術士ですが、使い魔が弱すぎて婚約破棄されました。〜でもこの使い魔、様子がおかしいようですよ?〜

著者:最上 ケイ

 セツナ=ロイエンタールは平民出身の身分だったが、魔術の才能を認められて貴族の養子になり、伯爵家のブノワと婚約をしていた。

 天才魔術師と呼ばれて期待されていたセツナだったが、使い魔召喚の儀式で彼女が呼び出したのは、最低レベルに分類されるくらいの弱い使い魔だった。

 それがきっかけで婚約者のブノワから婚約破棄を宣言されるが、全ては意地悪な令嬢、マリアベルの仕業である。

 そんな時、弱いと思っていたセツナの使い魔がまばゆい光をはなち、最強の悪魔に姿を変えてーー?
 

【※御礼 日間7位(恋愛ファンタジー部門)ありがとうございます】

女魔術士ですが、使い魔が弱すぎて婚約破棄されました。〜でもこの使い魔、様子がおかしいようですよ?〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました