人工魔王 ~ハイテク使ってダラダラ生きていたら何故か魔王と呼ばれるようになったんだが(泣)~

著者:村人T

ブラック企業で過労死した吉備津兆は、その後の世界で万能アンドロイドとして転生する。
人類は滅び、生態系が変化し、モンスター蠢く未来世界で、兆は自身の超スペックと過去のハイテク技術を利用し、周りを好き勝手に開拓しながら気ままに引き籠もり人生を謳歌していた。

文明が滅び、野性に還った世界で、異色なまでに人工的な城郭都市を創り上げ、悠々と生を貪る日々。

そこに訪れた、滅んだはずの人類。
彼は知らなかった。
その出会いが自身に「魔王」への道を歩ませることを。

「ただ引き籠もっているだけなんだが・・・」

後の世の歴史に恐れられ、何故か「魔王」と名を刻まれるに至る男、吉備津兆の人生を描く。

人工魔王 ~ハイテク使ってダラダラ生きていたら何故か魔王と呼ばれるようになったんだが(泣)~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました