SSランクパーティでパシリをさせられていた男。ボス戦で仲間に見捨てられたので、ヤケクソで敏捷を9999まで極振りしたら『光』になった……

著者:LA軍

 SSランクパーティーに所属している、古株のメンバーのグエン。

 彼は一番の年長でありながら、仲間には蔑まれパシリをさせられていた。

 自分でステータスを割り振る権利はなく、
 パシリ特化を極めるため、常に「敏捷」に振ることを強要されていた。

 そんなある日のこと、
 SSSランクに昇格したいメンバーたちは実力に見合わないクエストを受け、パーティは魔物の前に壊滅した。
 そして、自分だけ助かりたい仲間たちは、グエンを刺し、血肉を囮にして逃げ出した。

 重傷を負ったグエン。
 敏捷特化のグエンに魔物に対抗できるはずもなく、死を覚悟した──。

 だが、グエンは最後の望みをかけて残ったステータスポイントを敏捷に叩き込んだ。
 なかば、ヤケクソ気味に敏捷を9999に到達させた、その時! 上限を超えたステータス画面がバグを起こし点滅し初めたッッ──。

 次の瞬間、グエンは「光」となった…………。

 これは、
 イジメられ、馬鹿にされてきたパシリのグエンが、不遇な扱いから覚醒し、『光』となって最強に成り上がる物語。

※日間総合3位(9月11日)
※週間総合4位(9月12日)
※月間総合9位(9月19日)
※日間ハイファン1位(9月11日)
※週間ハイファン1位(9月11日)
※月間ハイファン4位(9月26日)

SSランクパーティでパシリをさせられていた男。ボス戦で仲間に見捨てられたので、ヤケクソで敏捷を9999まで極振りしたら『光』になった……のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました