劣等紋の超越ヒーラー 〜「お前の回復魔法が必要なんだ」と頼んできてももう遅い〜

著者:蒼月浩二

「聞こえなかったか? 周りくどい言い方をしたが、要するにお前はお払い箱。追放するってことだ」

回復術士としてSランクパーティに長年貢献してきたユージは、劣等紋はパーティのお荷物だという理由で追放されてしまう。
ソロ冒険者となったユージは厳しい世の中を一人で生き抜くハメになったのだが……。

「あれ? ソロの方が実入りよくね」

追放したSランクパーティは知らなかった。
ユージの代わりになる回復術士など存在しないということを——

※連載版を開始したためこちらの感想受付を終了しました
連載版は以下のリンクです!
https://ncode.syosetu.com/n2671go/

劣等紋の超越ヒーラー 〜「お前の回復魔法が必要なんだ」と頼んできてももう遅い〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました