婚約破棄の必要手続きはお済みですか?~辺境傭兵団のマニフェスト〜

著者:あかこ

「パトリシア。君には悪いと思っている……どうかこの婚約を破棄してもらいたい」

婚約者から告げられた婚約破棄。
以前のパトリシアであれば怒り喚き散らしていたかもしれない。
けれど今は違う。

「承知いたしました。ですが、婚約破棄に関する必要手続きは、もうお済みですか?」

パトリシア・セインレイム。
十六歳になった年、彼女は前世を思い出していた。
鉄の主任と会社で呼ばれていた、かつての自分の生き方を。

<注意1>
本作品である「婚約破棄の必要手続きはお済みですか?~辺境傭兵団のマニフェスト〜」に記載している「マニフェスト」とは、「宣言」「声明」の意味であり、「政策」及び「公約」の限りではない

<注意2>
本作品は恋愛小説である。しかしながら、恋愛要素が著しく少ない場合がある

婚約破棄の必要手続きはお済みですか?~辺境傭兵団のマニフェスト〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました