怪我をした魔導騎士様のお世話は大変です

貧乏男爵令嬢のリリカ・タナードは魔力がないせいで、いつも家族から虐げられていた。
ある日、無理矢理嫁がされそうになり、お屋敷を投げ出した。
そんなリリカがついた仕事は、怪我をした魔導騎士様のお世話。

虐げられていた男爵令嬢が幸せになるお話です。

「君は魔力の影響を受けないってデイケイ叔父が言っていた。
だから!ウィリーの杭を抜いて欲しいんだ!
まさか、本当に魔力の影響を受けない人がいるなんて思わなかった。
そんな人がいたらって思って、病院院長のデイケイ叔父に相談したんだ。
もしかしたら、患者さんにそんな人が居るかもしれないから。」

私は頷いた。

怪我をした魔導騎士様のお世話は大変ですのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました