偽りの聖女~裏切られた王妃は真実に目覚めました。~

著者:雪月華

「リリアーヌ! 貴様はこの国の聖女であり、王妃でもありながら醜い嫉妬に狂い、よくも生まれて間もない余の王子を、殺害したな!」

美貌の青年王と救国の聖女リリアーヌは祝福され婚礼を挙げた。
それによって、人々は王国のさらなる繁栄と安寧を信じて疑わなかった。
しかし王の心はリリアーヌから他の寵姫へと移っていく。
不実な王の仕打ちに耐え続けたリリアーヌだったが、ついに無実の罪で投獄されてしまい――。
追い詰められたリリアーヌの取る道は。

(2020.11.28.完結、番外編あり)
2020.10.17からアルファポリスでも掲載。

偽りの聖女~裏切られた王妃は真実に目覚めました。~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました