占いは当たるはずですが、鉄仮面公爵の運命の花嫁が見つかりません

結婚にも恋愛にもうんざりしている没落予定の男爵令嬢カリナ。
美しい顔立ちなのに無表情のせいで5度も婚約破棄され、観賞用の鉄仮面公爵と呼ばれるルーカス。
そんな二人の妖精と占いを巡るラブコメディ。

カリナは幼い頃、妖精の無くしたネックレスを見つけたお礼に「占いが当たるようにして欲しい」という願いを叶えてもらった。
成長し、17歳となったカリナは没落後の生活の為に占い店を開く。

貴族としての最後のパーティで見た鉄仮面公爵ルーカスはどうやらカリナが店で「運命の花嫁」を占った客のよう。
彼は、占いで探したという6人目の婚約者を連れていた。
店の評判が上がる、と喜んだカリナだが、彼は目の前で婚約破棄された。
このままでは占いが外れた店という悪い噂が広がってしまう。
思わず、カリナは「占いは当たるはずです。私がルーカス様の運命の花嫁をお探しいたします」と彼の前に飛び出した。

ところが、占いは本当に外れているよう。
それなのにルーカスはカリナを脅して自分の運命の花嫁を探させようとしているようで‥‥‥。

※ハッピーエンドへ向かってゆっくりと進む、ある意味、タイトルそのままのストーリーです。
※R15は念の為です。

占いは当たるはずですが、鉄仮面公爵の運命の花嫁が見つかりませんのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました