見える王子と食いしん坊レディ

著者:守雨

霊が見える王子は見える力を隠している。

そんな王子が参加したとある夜会で、男爵令嬢のモニカが軽食コーナーで次々に軽食や菓子を食べていたが故に王子の目に留まる。

異世界に転生した魂が乗り移っているモニカは、その事実をひた隠しにしているのに、ジワジワと王子はその秘密に近づいてくる。

モニカは自分の秘密を知られたくない上に、この世界は不自由で不便なことだらけ。

「魔法もなければ聖霊もいないこのリアル中世の世界で、私、どうにかして生き延びなきゃ」
打たれ強いモニカが工夫を凝らして生き抜く努力をする。
現代日本の女性がリアル中世な世界でどうやって生き延びるのか。
そして二人の人生は交差するのかしないのか。どうぞお楽しみに。

見える王子と食いしん坊レディのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました