伯爵令嬢の幸せな結婚 〜運命の相手が囚人なんて聞いてません!〜

著者:冬月深亜

 神のお告げを聞くことができる、聖女ジャンヌ様。
 そして、ジャンヌ様から運命の結婚相手を授かる行事、ジャンヌ・マリアージュ。

 その年、十六歳となり成人を迎える二十人の才女のみがジャンヌ・マリアージュに参加できる。クィン・ファスタールもその内の一人だった。
 クィンは、結婚がビジネスと考えられ、親同士の決めた政略結婚が多いこのディラント国でも、才女になれば幸せになれると信じていた。
 それなのに。

「貴女に運命の相手を授けましょう。……その者の名は、レナルド・コーネリウス」
「感謝します。ジャンヌ様」

 クィンはその名前を聞いたことがない。
 なんとその男は、王宮の地下牢にいる囚人だった!?

 伯爵令嬢であるクィンと囚人であるレナルド。
 神のお告げにより結ばれた二人の運命は、どう進むのか――――。

伯爵令嬢の幸せな結婚 〜運命の相手が囚人なんて聞いてません!〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました