逆行王子の憂い

著者:広野狼

幸せに死んだはずの王は、何故か、子供の頃に意識が戻ってしまっていた。
しかし、二度目に始める人生は、今まで信じていたこととは、少し違うようで。

知ることから始めるポンコツ王子のやり直しのお話。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました