時には昔の話を ~ラノベ作家の俺が戦力外通告を受けてから、神作画の同級生女子と再会し、コンビを組んで漫画家に転身して成功を収め、彼女と婚約するまでの話~

著者:関宮亜門

岡崎大悟は売れないライトノベル作家。ラノベだけでは食べていけず、アルバイトでどうにか生計を立てる日々だったが、一本筋の通った真っ直ぐな心を持つ青年だった。

だが、その性格が昨今のラノベ業界と上手く噛み合わなかったせいか、大悟は売れない期間が長く続き、ついに編集者から戦力外通告をされてしまう。

そんな時に大悟が再会したのが、同級生の五月姫乃だった。売れっ子同人漫画家となっていた彼女は、商業デビューを目指していたが、面白い話が作れず悩んでいた。

そこで大悟の才能を信じる姫乃は、「なろう系」に席巻されるラノベなんか捨てて、自分とコンビを組んで漫画家になろう、と大悟を誘う。

だが大悟は「なろう系」をバカにする姫乃に反論し、自分が「なろう系」をリスペクトしていることと、その理由を語る。

大悟の話を聞いて考えを改めた姫乃は、ますます熱心に大悟を誘い、大悟もその熱意にほだされ、コンビを組むことを決める。

その後も二人は、

「マイナーなラノベは売れないという現実に苦しんだこと」
「それでもライトノベルの可能性を信じていること」
「大学時代の決定的なすれ違い」

などといった「過去」を振り返りながら、互いに励まし合って「未来」へと進んでいく。

だが、夢の実現まであと一歩というところで、姫乃は大悟に対して究極の問いを投げかける。

その問いに対する、大悟の答えは……

……一方その頃の出版社では、大悟の不在に端を発して、空前のドタバタコメディが繰り広げられていた。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました