隣のキミをもっと溺愛、したい。

隣の席でうとうと眠っているのは、
バスケ部エースの一ノ瀬くん。
高身長で、端正な顔立ちに
凛とした瞳。
ボールを追う一ノ瀬くんの姿は
感動的なほどに、美しい。
けれど、普段の一ノ瀬くんは、
いつもぼんやり眠そうで。
そして、
一ノ瀬くんは
ときおり、はげしく誤作動する。
「天野、他の男のものにならないで」
「それまでに、俺のこと好きになれよ」
もう、心臓は破裂寸前……
高校2年
バスケ部エース
一ノ瀬 煌(いちのせ こう)
✖️
高校2年
Sサイズのお人好し
天野 羽衣(あまの うい)
すごく甘くて、ときおり切ない、
ふたりのお話。
小説を読む

隣のキミをもっと溺愛、したい。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました