わたしを光へ。

私は、まるで人形。
本音を言わず、表情にすら出さず。
それが、わたしの生きる道だと思っていた。
あの子を守るためなら。
だけど、あの人たちと出会って全てが変わった。
「お前は本当にその生き方を望んでいるのか?」
もしかしたら私は、強引にでも、私を引き上げてくれる人を待っていたのかもしれない。
「俺らは、お前の本音が聞きたい」
「私はーーー」
♡総合ランクインありがとうございます♡
♡まさかトップ10入りするとは、、
皆様本当にありがとうございます♡
小説を読む

わたしを光へ。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました