ユウキの小説一覧

小説家になろう

婚約破棄されてイラッときたから、目についた男に婚約申し込んだら、幼馴染だった件

王家から押し付けられた婚約に耐え続ける事11年。我慢に我慢を重ねてきた侯爵令嬢アデレイズは、王宮の人が行き交う大階段で婚約者である第三王子から声高らかに婚約破棄を告げられるのだが、いかんせんタイミングが悪すぎた。アデレイズのコンディションは最悪だったのだ。 *アルファポリス様でも投稿していますが、....
著者 : ユウキ
小説家になろう

どうやら婚約者が私と婚約したくなかったようなので婚約解消させて頂きます。後、うちを金蔓にしようとした事はゆるしません。

 ある日、婚約者アルバン様が私の事を悪く言ってる場面に遭遇してしまい、ショックで落ち込んでしまう。  しかもアルバン様が悪口を言っている時に側にいたのは、美しき銀狼、又は冷酷な牙とあだ名が付けられ恐れられている、この国の第三王子ランドール・ウルフイット様だったのだ。  だから、問い詰めようにもきっと....
著者 : ユウキ
小説家になろう

あなたの仰ってる事は全くわかりません

 ある日、婚約者と友人が抱擁してキスをしていた。  しかも、私の父親の仕事場から見えるところでだ。  だから、あっという間に婚約解消になったが、婚約者はなぜか私がまだ婚約者を好きだと思い込んでいるらしく迫ってくる……。 全三話....
著者 : ユウキ
小説家になろう

姉の所為で全てを失いそうです。だから、その前に全て終わらせようと思います。もちろん断罪ショーで。

 姉の策略により、なんでも私の所為にされてしまう。そしてみんなからどんどんと信用を失っていくが、唯一、私が得意としてるもので信じてくれなかった人達と姉を断罪する話。 全12話....
著者 : ユウキ
小説家になろう

ズルいズルいっていつも言うけれど、意味を知っていて?

今夜は、一組の婚約者の発表が行われるために夜会が開催された。 贅を凝らしているが、上品な誂え、淑やかで慎ましい令嬢と、見目麗しい子息の披露目に、次代の安寧と、羨望の眼差しを向ける。 発表も無事終わり、和やかに進行する夜会の最中、甲高い大声が響いた。 「なんでー!ズルいズルイですわぁぁぁ!お姉様ばっか....
著者 : ユウキ
小説家になろう

そんなにその方が気になるなら、どうぞずっと一緒にいて下さい。私は二度とあなたとは関わりませんので……。

 男爵令嬢と仲良くする婚約者に、何度注意しても聞いてくれない  そして、ある日、婚約者のある言葉を聞き、私はつい言ってしまうのだった 全五話 ※ホラー無し....
著者 : ユウキ
小説家になろう

婚約破棄をしてきた婚約者と私を嵌めた妹、そして助けてくれなかった人達に断罪を。

卒業パーティーで私は婚約者の第一王太子殿下に婚約破棄を言い渡される。 全て妹と、私を追い落としたい貴族に嵌められた所為である。 しかも、王妃も父親も助けてはくれない。 だから、私は……。....
著者 : ユウキ
小説家になろう

いじめを苦に死のうとした元ヒーロー気取りで元ぼっちの俺でも、プロポーズをしてくれたけど離ればなれになった幼馴染と幸せになってもいいですか? ~俺をいじめ、騙し、拒絶した女達が近づいてくるけどもう遅い~

「おっきくなったら……わたしをおよめさんにしてください」 一人の少年に結婚の約束をした幼き少女は、彼の頬にキスをして彼の前から去っていった。 彼の名前は【桐生 英雄】 英雄……ヒーローという名の通り、正義感に溢れる少年――だった。 彼は山奥の田舎で弱きを助ける少年だったが、家庭の事情で都会に....
著者 : ユウキ
小説家になろう

 妹だけを可愛がるなら私はいらないでしょう。だから消えます……。何でもねだる妹と溺愛する両親に私は見切りをつける。

誕生日に買ってもらったドレスを欲しがる妹 そんな妹を溺愛する両親は、笑顔であげなさいと言ってくる もう限界がきた私はあることを決心するのだった ※ちょっと妹がホラーかもしれません(笑)....
著者 : ユウキ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
タイトルとURLをコピーしました