守野伊音の小説一覧

小説家になろう

僕とイヴの六日間

喘息の療養にと叔母に勧められて向かった先で、六歳のレオポルドは、姉のように慕うメイドのイヴと二人きりで屋敷にいた。後から来るはずの仕事で忙しい両親を待ちながら、雨の降り止まない屋敷で過ごすことになったイヴは、レオポルドに約束するよう言った。 一つ。カーテンは決して開けてはならないこと。 一つ。来客....
著者 : 守野伊音
小説家になろう

火六事務所へようこそ

男が、いる。 私の部屋のベランダに、満面の笑みを浮かべた男が、頭をガラスに打ち付ける男が、私以外誰にも見えない男が、いるのだ。 大学一年の夏、毎日酷い悪夢のような現象に悩まされていた私は、とある事務所を訪ねた。 水溜まりと蝉の死骸があふれるうだるような夏に、私は柚木さんと出会った。 ※気が向い....
著者 : 守野伊音
小説家になろう

俺の勇者

俺には幼馴染がいる。幼馴染は勇者となり、世界を救った。 小さな村の隣り合った家で、同じ日に産まれた二人の少年がいた。一人は勇者となり、もう一人は勇者の友として魔王を倒す旅に出る。 そんな二人の親友の話。 俺には幼馴染がいる。幼馴染は、俺の勇者だ。 ....
著者 : 守野伊音
小説家になろう

桶は世界を巣食う

帝都の下町で修理屋を営む兄からしばらくの間店主を任されたサミウは、帝都で出会った騎士ショシユに男と勘違いされたまま恋心を抱いてしまった。年上で庶民の自分では、彼の好みの女の子にはなれないと、兄が帰ってくるまでの間、友達でいることを選んだサミウの運命は、ショシユの兄の婚約者と出会った時から変わり始める....
著者 : 守野伊音
小説家になろう

救国の英雄の救世主

国境付近に存在し、近くに砦があることしか取り柄のない田舎の診療所の娘は、ある晩、鬼気迫る顔をした騎士に誘拐同然に砦に連れて行かれる。隊長であり、救国の英雄でもあるその人に連れられて向かった砦で目にしたのは、隊長含む騎士達が悶え苦しむ姿だった。 そこに従軍医師の姿はなく、厳しい鍛錬を日常とする騎士達が....
著者 : 守野伊音
小説家になろう

狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民に望まれるがまま処刑され、人生を終えた。 けれど首が落ちた記憶を得たまま、次の生が始まった。前世の罪を背負ったまま修道女になろうと思ってい....
著者 : 守野伊音
小説家になろう

カナンの魔女

呪われた王子と、呪いを解くため雇われた魔女の話。....
著者 : 守野伊音
小説家になろう

忘却聖女

何の変哲もない、いつも通りの朝を迎えたと思ったら皆に忘れられていた聖女。 衣食住全てを失った聖女は、ただ一人聖女を忘れていなかった神官と再会する。....
著者 : 守野伊音
小説家になろう

はじめまして。こんにちは。

前線で戦う軍人の父を持つミントは、そんな父と幼い頃から文通している。 ある日、戦場近くで子どもを拾ったという父のすすめでその子どもと文通を始めるも、その相手はなかなか手強かった。 ....
著者 : 守野伊音
タイトルとURLをコピーしました