鬱沢色素の小説一覧

小説家になろう

二周目チートの転生魔導士 〜最強が1000年後に転生したら、人生余裕すぎました〜

【Kラノベブックス様から1〜3巻が発売中】 【コミカライズ、水曜日のシリウスで絶賛連載中】 強くなりすぎた魔導士は、一周目の人生に飽き1000年後に転生する。 しかしクルトとして転生した男が見たのは魔法文明が衰退した世界と、1000年前よりはるかに弱い魔法使い達であった。 そこでクルトは『欠陥魔力』....
著者 : 鬱沢色素
小説家になろう

真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです

「偽の聖女であるお前はもう必要ない!」 私(エリアーヌ)は突如、婚約者でもありこの国の第一王子でもあるクロードに国外追放&婚約破棄を宣告される。 クロードはレティシアこそ『真の聖女』であると言っていたが、彼女と浮気していたことも知ってたし、こちらから願い下げですわ。 だが、結界を張りこの国を影か....
著者 : 鬱沢色素
小説家になろう

「無能はいらない」と言われたから絶縁してやった 〜最強の四天王に育てられた俺は、冒険者となり無双する〜

剣、魔法、治癒、支援——それぞれの最強格の四天王に育てられた少年は「無能」と蔑まれていた。 そんなある日、四天王達の教育という名のパワハラに我慢できなくなった彼は『ブリス』と名を変え、ヤツ等と絶縁して冒険者になることにした。 しかしブリスは知らなかった。最弱だと思っていた自分が、常識基準では十分最....
著者 : 鬱沢色素
小説家になろう

「無能はいらない」と言われたから絶縁してやったけど、実は最強でした 〜四天王に育てられた俺は、冒険者で無双する〜

剣、魔法、治癒、支援——それぞれの最強格の四天王に育てられた少年は「無能」と蔑まれていた。 そんなある日、四天王達の教育という名のパワハラに我慢できなくなった彼は『ブリス』と名を変え、ヤツ等と絶縁して冒険者になることにした。 しかしブリスは知らなかった。最弱だと思っていた自分が、常識基準では十分最....
著者 : 鬱沢色素
アルファポリス

逆転スキル【みんな俺より弱くなる】で、勝ち組勇者パーティーを底辺に堕とします

 底辺負け組アルフは勇者エリオットに虐げられており、幼馴染みも寝取られてしまう。  しかし【みんな俺より弱くなる】というスキルを使って、みんなに復讐することにした。 「俺を虐げてきた勇者パーティーのみんなを、人生ド底辺に堕としてやる!」  手始めにアルフは弱くなった勇者をボコボコにする。  ....
著者 : 鬱沢色素
タイトルとURLをコピーしました