光と闇

著者:青泉 真

光の力や闇の力、もしくはその以外の力を、全ての人たちが持っているそんな世界で

世界各地に、誰よりも大きな力を持った赤ん坊が生まれた。

光の力を持って産まれた赤ん坊は
光の子と呼ばれ

闇の力を持って産まれた赤ん坊は
闇の子と呼ばれた。

異なる地域で産まれた二人の赤ん坊は、対局の環境で人生を歩んで行くことになる。

光の子は祝福されて産まれ育ち
闇の子は迫害されて産まれ育つのだ。

この物語は

力を持って産まれた彼らの

成長を見守る物語。

そして

光が、闇を変え、育て

願いを託す物語

光と闇のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました