あいしてる、と言いたくて。

著者:花澤凛咲

小さい頃からの夢はお嫁さんだった。
好きな人と結婚して、温かい家庭を築くこと。

父がいて、母がいる家族を
自分の子どもには普通の家庭を与えてあげたかった。

それなのに。

『おめでとうございます。妊娠してますね』

現実は既婚者でもバツイチでもないが子どもがいる。いわゆるシングルマザー。

働きづめてのし上がったチーフの座も、これまで築いてきた人間関係も全て捨てた。

ーーーーーー 恋人も仕事も友人も全て

だけどそれは自業自得。
いくら嘆いても、後悔してももう遅い。

願わくば

どうか彼らの中で私という人間が綺麗なままでありますように。

誰にも見つからないように
ひっそりと生きていけますように。

ただ、彼の血を分けたこの子がいるなら
それ以上何も望まない。

あいしてる、と言いたくて。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました