最後の男

著者:megu ☆ミ

 バツイチで二児の母、アラフォーでパートタイマー。
 恋の仕方なんて、とうに忘れた……はずだった。

 元夫との結婚生活がトラウマで、男なんてこりごりだと思っていた彩《あや》は、二歳年下の上司・智也《ともや》からある提案をされる。

「別れた夫が最後の男でいいのか__?」
 智也の一言に気持ちが揺れ、提案を受け入れてしまう。

 智也との関係を楽しみ始めた頃、彩は五歳年下の上司・隼《はやと》から告白される。
 智也とは違い、正面から素直な気持ちをぶつけてくる隼に、彩は気持ちを揺らす。

 子供がいれば幸せだと思っていた。
 子供の幸せが自分の幸せだと思っていた。
 けれど、二人の年下上司に愛されて、自分が『女』であることを思いだしてしまった。
 愛されたい。愛したい。もう一度……。

 バツイチで、母親で、四十歳間近の私でも、もう一度『恋』してもいいですか__?

最後の男のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました