正しい媚薬の使用法

著者:砂原雑音

【完結後、非公開になります】

……先輩。
なんて人に、なんてものを盛ってくれたんですか……!

グラスに盛られた「天使の媚薬」
それを綺麗に飲み干したのは、わが社で「悪魔」と呼ばれる超エリートの社長秘書。

果たして悪魔に媚薬は効果があるのか。
確かめる前に逃げ出そうとしたら、がっつり捕まり。気づいたら、悪魔の微笑が私を見下ろしていたのでした。

正しい媚薬の使用法のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました