異能学園が出来ただとぉ!?もう遅い!俺は普通の生活を送るからな!~ざまぁの化身たる青年が送る最強異能生活と追放の危機!~

著者:福朗

現代に異能が溢れ始めて早数年。そんな日本のド田舎に住む青年、四葉貴明にはある野望があった。都会暮らしがしたい!である。だがこの青年、異能力がありながら父親があまりにも訳ありすぎて、出来たばっかりの、設備や規模などあらゆる点で素晴らしい異能者学園に通うつもりはこれぽっちも無かった。
この物語は、そんな彼が頑張って普通の都会暮らしを目指す、普通じゃない物語であった。
え!?正体がバレたらいろんなところから追放の危機!?
この作品は「小説家になろう」様にも投稿しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました