時々、僕は透明になる

影の薄い僕はある日透明化した。
それは勉強中や授業中だったり、またデート中だったり、いつも突然だった。
原因が何なのか・・透明化できるのは僕だけなのか? 

そして、僕の姿が見える人間と、見えない人間がいることを知る。その中間・・僕の姿が半透明に見える人間も・・その理由は?
もう一人の透明化できる人間の悲しく、切ない秘密を知った時、僕は・・

文芸サークルに入部した僕は、三角関係・・七角関係へと・・恋物語の渦中に入っていく。

時々、透明化する少女。時々、
人の思念が見える少女。時々、
人格乖離する少女。

(登場人物)
鈴木道雄・・主人公の男子高校生(2年2組)
鈴木ナミ・・妹(中学2年生)

石上純子・・中学三年の時の女子生徒
水沢純子・・教室の窓際に座る初恋の女の子
加藤ゆかり・・左横に座るスポーツ万能女子
速水沙織・・後ろの席に座る眼鏡の文学女子 文芸サークル部長
小清水沙希・・最後尾に座る女の子 文芸サークル部員
青山灯里・・文芸サークル部員、孤高の高校3年生

池永かおり・・文芸サークルの顧問、マドンナ先生
青山麗華・・青山灯里の義母

初恋の女性「石上純子」 初恋の舞台は「本山中学校」

以下、読書会等で取り上げられる小説
フィッツジェラルト「グレートギャツビー」「冬の夢」
夏目漱石「三四郎」
武者小路実篤「友情」
梶井基次郎「檸檬」
川端康成「雪国」

*表紙はフリー画像です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました