【召喚士の旅】少年は不愛想な人型精霊から、召喚中はどうせ暇だろうと双剣を渡された。

著者:KATE

物語の主人公であるキリムは、危険を冒して各地を回る「旅人」を志望する少年だ。
彼は召喚の能力を持っていて、自然や力を司る精霊を呼び出すことができる。
その能力を使っていつかは旅に出たいと願うも、彼は病気の父の看病、魔物の襲来で壊滅した村の復興のため、その夢を諦めつつあった。
彼はある日、駆け出しには不相応な強さを誇る人型の精霊ステアを呼び出してしまう。
生活費も底をつき、父親の薬も残りわずか……
そんなキリムを見かねて、ステアはキリムに旅立ちを決意させる。
「魔法はどれくらい使える。1度召喚してしまえば暇だろう」
「暇って……。魔法なら1日に5,6発はなんとか」
「話にならん。魔力切れを恐れて突っ立っているくらいなら武器を使え」
「え、ええ……? 俺、召喚士ですけど?」
時折現れる他の精霊の助けや人々との出会いにより、キリムは次第に旅人としての頭角を現すのだが……
彼には他の召喚士にない、類稀な才能があった。
そうして出遅れた新米召喚士と、少年を放っておけない人型精霊は、
召喚士への脅威となる悪に立ち向かうため旅立つ。
そして、その旅の中で、それぞれに隠された秘密「あるべき主従」へとたどり着く。
世間慣れしていない少年と精霊の旅を是非お楽しみ下さい。
※小説家になろうでも公開しています。どちらも宜しくお願いします。…続きを読む

【召喚士の旅】少年は不愛想な人型精霊から、召喚中はどうせ暇だろうと双剣を渡された。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました