俺をからかう幼馴染が女子高生になったらラブコメが始まった

著者:天谷酸太

 俺こと朝比奈陸斗と弟の朝比奈陽斗には幼馴染の少女がいる。俺の一つ年下の幼馴染の名前は東海林凛。
 俺の予想では陽斗と凛は両片思いである。凛は弟との陽斗には甘えるが、俺のことは毎日からかってくるのだ。もちろん校内でも、彼女は俺をおもちゃのようにからかってくる。
 高校二年生へ進級した初日、高校に入学した凛と弟と俺の三人で並んで歩いていると、一人の少女と出会った。
 彼女の名前は木戸双葉。顔も知らない美少女だった。そして彼女から何故か俺は、『ある部活』に誘われて……。
 落ちこぼれの俺が『彼女たち』と進むべき道を見つける物語。

コメント

タイトルとURLをコピーしました