傷心公爵令嬢レイラの逃避行

著者:染井由乃

【電撃の新文芸(KADOKAWA)様より書籍上巻発売中&ComicWalker様にてコミカライズ決定!】
 不慮の事故で2年間の眠りについていた公爵令嬢のレイラ・アシュベリー。目覚めると、自分の婚約者であったはずの王太子がレイラの妹であるローゼと婚約を結び直していた。両親は「どうしても王家と婚姻を結ぶ必要があったのだ」と弁明する姿勢を見せるが、妹のローゼはどこか勝ち誇ったような様子。
 政略結婚とはいえ、王太子のことを慕っていたレイラはこのまま他の家に嫁がされるのも、妹たちの幸せそうな姿を見ているのも限界だった。
 リハビリを終え、どうにか屋敷の中を歩き回れるくらいに回復したレイラは、「来るもの拒まず」で有名な王都のはずれの修道院へ入ることを決意する。
 両親にも使用人にも行先を告げず、こっそりと屋敷を抜け出したレイラは、道中雨に降られ道端にへたり込んでしまう。そんな弱り切ったレイラに手を差し伸べたのは、伝説上の存在である魔術師の青年だった――――。
 傷心した公爵令嬢の逃避行から始まる、幻の王都を巡る小さな恋の物語。
※「小説家になろう」にも掲載しています。…続きを読む

傷心公爵令嬢レイラの逃避行のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました