最弱職と村を追い出されましたが、突然勇者の能力が上書きされたのでスローライフを始めます

著者:渡琉兎

十五歳になり、その者の能力指標となる職業ランクを確認した少年、スウェイン。
彼の職業ランクは最底辺のN、その中でもさらに最弱職と言われる荷物持ちだったことで、村人からも、友人からも、そして家族からも見放されてしまい、職業が判明してから三日後――村から追い出されてしまった。
職業ランクNは、ここラクスラインでは奴隷にも似た扱いを受けてしまうこともあり、何処かで一人のんびり暮らしたいと思っていたのだが、空腹に負けて森の中で倒れてしまう。
そんな時――突然の頭痛からスウェインの知り得ないスキルの情報や見たことのない映像が頭の中に流れ込んでくる。
目覚めたスウェインが自分の職業を確認すると――何故か最高峰の職業ランクXR、勇者になっていた!
勇者になってもスローライフを願うスウェインの、自由気ままな生活がスタートした!
※カクヨム、小説家になろう、アルファポリスにて掲載しています。…続きを読む

最弱職と村を追い出されましたが、突然勇者の能力が上書きされたのでスローライフを始めますのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました