エルフの小説一覧

小説家になろう

植物魔法チートでのんびり領主生活始めます~前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件~

8/5、書籍発売です! ページ下部のバナーから公式サイトへと移動できます。 貴族の少年エルトは戦闘向きでない植物魔法の才能のせいで冷遇されていた。 しかしある日、エルトは前世が日本人であったことを思い出す。 さらにこの世界が、前世で極めたゲームの世界によく似ていることにも気が付いた。 貴族では認....
著者 : りょうと かえ
小説家になろう

植物魔法チートでのんびり領主生活始めます~前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件~

8/5、書籍発売です! ページ下部のバナーから公式サイトへと移動できます。 貴族の少年エルトは戦闘向きでない植物魔法の才能のせいで冷遇されていた。 しかしある日、エルトは前世が日本人であったことを思い出す。 さらにこの世界が、前世で極めたゲームの世界によく似ていることにも気が付いた。 貴族では認....
著者 : りょうと かえ
小説家になろう

植物魔法チートでのんびり領主生活始めます~前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件~

8/5、書籍発売です! ページ下部のバナーから公式サイトへと移動できます。 貴族の少年エルトは戦闘向きでない植物魔法の才能のせいで冷遇されていた。 しかしある日、エルトは前世が日本人であったことを思い出す。 さらにこの世界が、前世で極めたゲームの世界によく似ていることにも気が付いた。 貴族では認....
著者 : りょうと かえ
小説家になろう

植物魔法チートでのんびり領主生活始めます~前世の知識を駆使して農業したら、逆転人生始まった件~

8/5、書籍発売です! ページ下部のバナーから公式サイトへと移動できます。 貴族の少年エルトは戦闘向きでない植物魔法の才能のせいで冷遇されていた。 しかしある日、エルトは前世が日本人であったことを思い出す。 さらにこの世界が、前世で極めたゲームの世界によく似ていることにも気が付いた。 貴族では認....
著者 : りょうと かえ
小説家になろう

え、宮廷【結界師】として国を守ってきたのにお払い箱ですか!? 〜結界が破られ国が崩壊しそうだから戻って来いと言われても『今さらもう遅い』エルフの王女様に溺愛されてスローライフが最高に楽しいので〜

「聞こえないのか? 貴様はクビだと言ったのだよ」  宮廷結界師として国に仕えていた俺――リットは、ある日クビを宣告される。  結界師は国の守りのかなめとも言える重要な職人だが、この国の王族はそんな事実を忘れ去っていたのだ。 「俺を追放して、本当に国は大丈夫なのか?  結界のあちこちに綻びが出てい....
著者 : アトハ
小説家になろう

ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行

最終学歴高卒で親元パラサイトの青年綾馳次郎はネットオークションで生活する物欲溢れるネオニート(収入があるニート)。出品するお宝探して蔵から見つけた古い鏡は異世界と行き来できる魔法の鏡だった!! 異世界のお宝を買うために相互貿易でお金を貯めて、物欲満たして幸せ一杯の異世界ライフ! になる予定。物欲だけ....
著者 : 星崎崑
小説家になろう

雑草転生 ~エルフの里で大切に育てられてます~

 気がつくと森の中で雑草になっていた。だけれどなぜか思考はできるし自我もある。おまけに変な知識もある。ゲームみたいなステータス画面とかレベルとかに違和感を覚えつつも、とりあえず生きるしかない。  元は人間だった気がしなくもないが、その記憶はあまりない。  それはさておき光が美味い。光合成気持ちイイー....
著者 : 天然水珈琲
小説家になろう

《ざまぁ開始!》え、宮廷【結界師】として国を守ってきたのにお払い箱!? 結界が破られ国が崩壊しそうだから戻って来いと言われても『今さらもう遅い』エルフの王女様に溺愛されてスローライフが最高に楽しいので

「聞こえないのか? 貴様はクビだと言ったのだよ」  宮廷結界師として国に仕えていた俺――リットは、ある日クビを宣告される。  結界師は国の守りのかなめとも言える重要な職人だが、この国の王族はそんな事実を忘れ去っていたのだ。 「俺を追放して、本当に国は大丈夫なのか?  結界のあちこちに綻びが出てい....
著者 : アトハ
小説家になろう

え、宮廷【結界師】として国を守ってきたのにお払い箱ですか!?~結界が破られて国が崩壊しそうだから戻って来いと言われても『今さらもう遅い』エルフの王女様に溺愛されながらのスローライフが最高に楽しいので~

「聞こえないのか? 貴様はクビだと言ったのだよ」  宮廷結界師として国に仕えていた俺――リットは、ある日クビを宣告される。  結界師は国の守りのかなめとも言える重要な職人だが、この国の王族はそんな事実を忘れ去っていたのだ。 「俺を追放して、本当に国は大丈夫なのか?  結界のあちこちに綻びが出てい....
著者 : アトハ
小説家になろう

【短編版】え、宮廷結界師として国を守ってきたのにお払い箱ですか!? 結界が破られて国が崩壊しそうだから戻って来いと言われても『今さらもう遅い』エルフの王女様に溺愛されながらのスローライフが最高に楽しい

※ 連載、はじめました! https://ncode.syosetu.com/n6167go/ 「聞こえないのか? 貴様はクビだと言ったのだよ」  宮廷結界師として国に仕えていた俺――リットは、ある日クビを宣告される。  結界師は国の守りのかなめとも言える重要な職人だが、この国の王族はそんな事実....
著者 : アトハ
タイトルとURLをコピーしました