エルフの小説一覧

小説家になろう

出ていけ、と言われたので出て行きます【書籍化企画進行中】

「今すぐ出ていけ」と言われたらその通りにするべきだろう。 イヴェッタ・シェイク・スピア伯爵令嬢はこれまで言葉の裏を読む茶番に付き合って生きて来た。卒業式の後のパーティで婚約者であるウィリアム王子から突然婚約破棄を突き付けられ、自分の代わりに愛らしい男爵令嬢が殿下の結婚相手となるらしい。 先代国王から....
著者 : 枝豆ずんだ
小説家になろう

婚約者の王子様にもっと恋人らしいことがしてみたいとねだった結果、「そういうのは恋人に頼んだら?」と言われてしまいました…

アデルファはなんとか王子に自分を恋人だと認識してもらおうと、迷走を開始。 空回りばかりするが、これもすべては王子に理想の恋人になってもらうため。他の人ではダメなのだ。 王子は反省し、アデルファの懇願を聞き入れてくれる。 甘々な愛撫、心地いい甘いセリフ…… 夢見ていたことを次々に叶えてもらい、ア....
著者 : 「私は恋人じゃなかったの?」
小説家になろう

現代ダンジョンライフの続きは異世界オープンワールドで!〜強欲冒険者はメインクエスト(BADエンド)をぶちのめし冒険者とパン屋をやりつつ現代オタク知識を活用して欲望のままに冒険都市で成り上がります〜

Q 明らかにメインクエストがバッドエンドへ誘導してくるのですがバグでしょうか? A いいえ、仕様です。鬱バッドエンドがトゥルーendになっております。 Q 嫌なので、この"仲間を殺せ"というクエストマーカー、お前にぶん投げておきますね 現代ダンジョンで死んだ強欲な探索....
著者 : しば犬部隊
小説家になろう

現代ダンジョンライフの続きは異世界オープンワールドで! 〜強欲冒険者はメインクエストぶん投げ冒険者生活を始めパン屋やって竜のヒモや吸血鬼のエサになっても欲望のままにクソ鬱バットエンドをぶちのめします〜

Q 明らかにメインクエストがバッドエンドへ誘導してくるのですがバグでしょうか? A いいえ、仕様です。鬱バッドエンドがトゥルーendになっております。 Q 嫌なので、この"仲間を殺せ"というクエストマーカー、お前にぶん投げておきますね。 異世界! 奴隷! 冒険者!....
著者 : しば犬部隊
小説家になろう

出ていけ、と言われたので出て行きます

「今すぐ出ていけ」と言われたらその通りにするべきだろう。 イヴェッタ・シェイク・スピア伯爵令嬢はこれまで言葉の裏を読む茶番に付き合って生きて来た。卒業式の後のパーティで婚約者であるウィリアム王子から突然婚約破棄を突き付けられ、自分の代わりに愛らしい男爵令嬢が殿下の結婚相手となるらしい。 先代国王から....
著者 : 枝豆ずんだ
小説家になろう

どれだけ努力しても経験値が入らず万年レベル0の俺は追放された〜その後女神がこちらの不手際ですと土下座してきて、お詫びに今まで得ていたはずの値×100倍の経験値をくれたので、一躍世界最強になりました〜

「ティント、貴様のようなレベル0の寄生虫はクビだ」身を呈して守った男、サヴァンから、その直後に首を宣告されたティント。女神が作り出した『レベル』という概念によって、人が魔物と戦えるようになった時代、万年レベル0のティントには、そのような理不尽は日常茶飯事だった。それでも、幼馴染のリアから、ゴミを見....
著者 : 蓮池太郎
小説家になろう

冒険者嫌いのS級潜入調査官 ~冴えないおっさんなんて要らねえんだよ、と追放されたので査定は終了だ。ん? 元Sランク冒険者でギルド側の人間だって知らなかった? 今さら遅え、Eランクからやり直しな~

Bランクパーティ【撃破する戦槌】は、Aランク昇格を目指していた。しかしある日冒険者ギルド側から、ランク昇格に必須の徒弟制度を利用するようにと言われ、渋々Fランクの新人をパーティに入れることにしたのだが……やってきたのはどうにも冴えない中年男性――ブレイグだった。 彼らはどうせ戦力には期待できないと....
著者 : 虎戸リア
カクヨム

絶対零度の最強魔法使い〜落ちこぼれ魔法使いは一年の眠りを経て最強の氷結師へと覚醒す〜

魔法適性皆無。付けられた蔑称が——「落ちこぼれ」 それが、とある貴族の子女として生まれ落ちた少年の境遇であった。お先は真っ暗な上、家族からも居ない者同然に扱われる日々。 だから少年は、奴隷と言う名の己を守る手段を。 冷め切った心を温める疑似家族を、求めた。 けれど、保身に走るそんな日々も長くは続かず....
著者 : 遥月
カクヨム

英雄魔術師、戦争が終わったら用済みだと処刑されたら、なぜか敗戦国のエルフの王女に召喚されたので復讐に手を貸すことに。ところで我が祖国よ、その魔術考えたのは俺だから効かないし、こっちの魔力は無限だぞ?

数々の画期的な軍用魔術によって周辺国を支配していった、魔術国イングレッサ。その覇道を表裏ともに支えていたのは若くして大魔導師の地位まで登り詰めた男――ヘルト・アイゼンハイムだった。 しかしその才能に嫉妬した宮廷魔術師は、このまま生かしておけばいずれ敵になると王を唆し、不意打ちでヘルトの魔力を奪って無....
著者 : 虎戸リア
小説家になろう

そのガーゴイルは地上でも危険です ~翼を失くした最強ガーゴイルの放浪記~ 

第四回ネット小説大賞受賞。 書籍(1~3巻)、コミック1巻発売中 1500年間と長い間魔王の精神支配を受け、奴隷同然の生き方をしてきたガーゴイルのアルベルト。 そんな彼が主人の魔王が死んだことで、支配から解放され、これまでの鬱憤を晴らすかのように自由に世界を旅するお話です。 主人公初めから肉体欠損....
著者 : 大地の怒り
タイトルとURLをコピーしました