ストレスフリーの小説一覧

小説家になろう

王子様は真実の愛を見つけたい~もう次期国王じゃないけど、それでも君ら大丈夫?~

カタルニア王国 第一王子 シリル・カタルニアは、うんざりしていた。 毎日、「我こそは王妃に!」と、目をギラつかせて迫ってくる令嬢達に囲まれて、気も表情筋も休まる暇がないのだ。 そんなシリルの力になろうと、第三王子デュークがとある提案をするのだが……。 ※とりあえず、頭の中を空っぽにしてどうぞ....
著者 : 優木凛々
小説家になろう

よりにもよって、嘘告の打ち合わせ場面をターゲットに見られてしまった。そんな彼女の結末は。

『じゃっ、佐由理が罰ゲームね!』 『ダイジョブだから! 告白してちょっと楽しませてあげて、それから振るだけじゃん!』 教室に忘れ物をした浦野 陸。仕方がなく取りに戻ると、そこでは陸を陥れるための策謀が渦巻いていた。いわゆる嘘告というやつだ。それを聞いた瞬間、彼は衝動的に駆け出してしまう。 慌てて....
著者 : 鳳仙花
小説家になろう

カスタム侍女無双~人間最弱の世界に転生した喪服男は能力をいじって最強の侍女ハーレムをつくりたい~

理不尽な死、そして女神により有無を言わせず能力を与えられ転生させられた喪服の男、セイヤ。 そこは人間(基人族)が最弱で絶滅寸前のファンタジー世界だった。 女神に与えられたのはいくつかの基本(だと思われている)スキルと一振りの黒い刀、そして<カスタム>というスキル。 セイヤは自身のステータス、スキル、....
著者 : 藤原キリオ
ノベルアップ

巻き込まれ召喚。 収納士って最強じゃね!?

勇者召喚に巻き込まれた児玉翔太(コダマショウタ)は、その勇者たちに騙され、ダンジョン最深部に飛ばされてしまう。そこで自身の豪運がさく裂、たった一つのスキルを使い、ダンジョンコアを守る最強のガーディアン、マキナドールを自分の所有物としてしまった。 そんなショウタが、相棒となったマキナドール、アスカとと....
小説家になろう

新章開始!経験値分配能力者《ポイントギフター》の幸せなソロライフ〜ブラックギルドから解放されて得た圧倒的な経験値で自由を謳歌し無双する。俺がいなくなったらギフト分の経験値はなくなるって言いましたよね?

「フィルド。お前はもう必要ないんだ」 「本当にいいのか? 俺のポイントギフターのスキルは、経験値を分配するだけじゃなく増加も……」 「良いから早く出ていけって。もうここにお前の居場所はないんだから」 「そうそう。お前みたいな役立たず雇ってる金でさ、うちは他所からエースを引き抜いたんだよ」 「そうか」....
著者 : つくも
小説家になろう

3章完結!経験値分配能力者《ポイントギフター》の幸せなソロライフ〜ブラックギルドから解放されて得た圧倒的な経験値で自由を謳歌し無双する。俺がいなくなったらギフト分の経験値はなくなるって言いましたよね?

「フィルド。お前はもう必要ないんだ」 「本当にいいのか? 俺のポイントギフターのスキルは、経験値を分配するだけじゃなく増加も……」 「良いから早く出ていけって。もうここにお前の居場所はないんだから」 「そうそう。お前みたいな役立たず雇ってる金でさ、うちは他所からエースを引き抜いたんだよ」 「そうか」....
著者 : つくも
小説家になろう

2章完結!経験値分配能力者《ポイントギフター》の幸せなソロライフ〜ブラックギルドから解放されて得た圧倒的な経験値で自由を謳歌し無双する。俺がいなくなったらギフト分の経験値はなくなるって言いましたよね?

「フィルド。お前はもう必要ないんだ」 「本当にいいのか? 俺のポイントギフターのスキルは、経験値を分配するだけじゃなく増加も……」 「良いから早く出ていけって。もうここにお前の居場所はないんだから」 「そうそう。お前みたいな役立たず雇ってる金でさ、うちは他所からエースを引き抜いたんだよ」 「そうか」....
著者 : つくも
小説家になろう

経験値分配能力者《ポイントギフター》の幸せなソロライフ〜ブラックギルドから解放されて得た圧倒的な経験値で自由を謳歌し無双する。俺がいなくなったらギフト分の経験値はなくなるって言いましたよね?

「フィルド。お前はもう必要ないんだ」 「本当にいいのか? 俺のポイントギフターのスキルは、経験値を分配するだけじゃなく増加も……」 「良いから早く出ていけって。もうここにお前の居場所はないんだから」 「そうそう。お前みたいな役立たず雇ってる金でさ、うちは他所からエースを引き抜いたんだよ」 「そうか」....
著者 : 九十九(つくも)
小説家になろう

経験値分配能力者《ポイントギフター》の幸せなソロライフ〜ブラックギルドから解放されて得た圧倒的な経験値で自由を謳歌し無双する。俺がいなくなったらギフト分の経験値はなくなるって言いましたよね?〜

「フィルド。お前はもう必要ないんだ」 「本当にいいのか? 俺のポイントギフターのスキルは、経験値を分配するだけじゃなく増加も……」 「良いから早く出ていけって。もうここにお前の居場所はないんだから」 「そうそう。お前みたいな役立たず雇ってる金でさ、うちは他所からエースを引き抜いたんだよ」 「そうか」....
著者 : 九十九(つくも)
小説家になろう

経験値分配能力者《ポイントギフター》の幸せなソロライフ〜「経験値を配るだけの無能に払う金はない」とギルドを追放されたけど、俺のスキルは経験値を二倍にするし俺がいなくなると効果がなくなるけどいいですか〜

「フィルド。お前はもう必要ないんだ」 「本当にいいのか? 俺のポイントギフターのスキルは、経験値を分配するだけじゃなく増加も……」 「良いから早く出ていけって。もうここにお前の居場所はないんだから」 「そうそう。お前みたいな役立たず雇ってる金でさ、うちは他所からエースを引き抜いたんだよ」 「そうか」....
著者 : 九十九(つくも)
タイトルとURLをコピーしました