切ないの小説一覧

小説家になろう

【11/10書籍②発売】恋した人は、妹の代わりに死んでくれと言った。~妹と結婚した片思い相手がなぜ今さら私のもとに?と思ったら~

◆書籍2巻が【2021年11月10日】にTOブックス(イラスト:とよた瑣織先生)で発売です!コミカライズ企画も進行中◆ 令嬢ウィステリアは、美しく優しい公爵家令息ブライトに恋をしていた。 彼との婚約を目指し、悪評にもめげず努力を重ねる。 けれど、ブライトがより気さくに接するのは義理の妹のほうだった....
著者 : 永野水貴
小説家になろう

余命宣告を受けたので私を顧みない家族と婚約者に執着するのを辞める事にしました

<余命半年―未練を残さず生きようと決めた。> 私には血の繋がらない父と母に妹、そして婚約者がいる。しかしあの人達は私の存在を無視し、空気の様に扱う。唯一の希望であるはずの婚約者も愛らしい妹と恋愛関係にあった。皆に気に入られる為に努力し続けたが、誰も私を気に掛けてはくれない。そんな時、突然下された余....
著者 : 芙由奈
小説家になろう

余命宣告を受けたので私を顧みない家族と婚約者に執着するのを辞める事にしました

<余命半年―未練を残さず生きようと決めた。> 私には血の繋がらない父と母に妹、そして婚約者がいる。しかしあの人達は私の存在を無視し、空気の様に扱う。唯一の希望であるはずの婚約者も愛らしい妹と恋愛関係にあった。皆に気に入られる為に努力し続けたが、誰も私を気に掛けてはくれない。そんな時、突然下された余....
著者 : 芙由奈
小説家になろう

余命宣告を受けたので私を顧みない家族と婚約者に執着するのを辞める事にしました

<余命半年―未練を残さず生きようと決めた。> 私には血の繋がらない父と母に妹、そして婚約者がいる。しかしあの人達は私の存在を無視し、空気の様に扱う。唯一の希望であるはずの婚約者も愛らしい妹と恋愛関係にあった。皆に気に入られる為に努力し続けたが、誰も私を気に掛けてはくれない。そんな時、突然下された余....
著者 : 芙由奈
小説家になろう

余命宣告を受けたので私を顧みない家族と婚約者に執着するのを辞める事にしました

<余命半年―未練を残さず生きようと決めた。> 私には血の繋がらない父と母に妹、そして婚約者がいる。しかしあの人達は私の存在を無視し、空気の様に扱う。唯一の希望であるはずの婚約者も愛らしい妹と恋愛関係にあった。皆に気に入られる為に努力し続けたが、誰も私を気に掛けてはくれない。そんな時、突然下された余....
著者 : 芙由奈
アルファポリス

婚約者をとった妹妃と体が入れ替わりました~婚約者がやっていると思われていたお仕事、全て放棄いたしますわ~

ザルガト王の子供は王女二人のみです。ゆえに第一王女である私が従兄の公爵家次男、カジェタノと婚姻し、王配として迎えるはずでした。そのカジェタノは私がした公務の功績をかすめ取るのが上手いのですが、王配として努めてくれるならばと黙っておりました。けれどカジェタノはなんと妹妃と婚姻を結ぶと言い出したのです。....
著者 : つばめ
アルファポリス

【R18】あなたに抱かれたい、もう1度だけでいいから 〜永遠を生きさせられた魔女が愛する人ともう一度結ばれるまで〜

「愛しているわ……オリバー」 「僕も、愛しているよ、シャルロット」 「あなたの赤ちゃんが欲しいの」 初めて体を繋げ、彼の種を体の中に取り入れた時、私は愛する人との別れを知りました。 +++++ 生まれつき心臓が悪かったシャルロットは、子供を産むことが許されない体でした。 余命はあと1年も....
著者 : 桜葉詩織
アルファポリス

私は貴方に尽くすことに決めました

アッシュ伯爵家の次女として生まれた、私、リーン。19歳。 姉レーン21歳、弟グラス15歳。 アッシュ伯爵家は由緒正しい家柄だった。 だが、父ヨルダに当主が変わると、アッシュ家は、瞬く間に落ちぶれていった。 これまでの莫大な財も失い、これでは、爵位返上へとなるのは時間の問題だった。 そこでお父様は、お....
著者 : 姫綺
小説家になろう

余命宣告を受けたので私を顧みない家族と婚約者に執着するのを辞める事にしました

<余命半年―未練を残さず生きようと決めた。> 私には血の繋がらない父と母に妹、そして婚約者がいる。しかしあの人達は私の存在を無視し、空気の様に扱う。唯一の希望であるはずの婚約者も愛らしい妹と恋愛関係にあった。皆に気に入られる為に努力し続けたが、誰も私を気に掛けてはくれない。そんな時、突然下された余....
著者 : 芙由奈
小説家になろう

余命宣告を受けたので私を顧みない家族と婚約者に執着するのを辞める事にしました

<余命半年―未練を残さず生きようと決めた。> 私には血の繋がらない父と母に妹、そして婚約者がいる。しかしあの人達は私の存在を無視し、空気の様に扱う。唯一の希望であるはずの婚約者も愛らしい妹と恋愛関係にあった。皆に気に入られる為に努力し続けたが、誰も私を気に掛けてはくれない。そんな時、突然下された余....
著者 : 芙由奈
タイトルとURLをコピーしました