結婚の小説一覧

小説家になろう

気がついたら俺が幼馴染との関係の外堀を埋めたことにされていた

「なぁ、透(とおる)。結(ゆい)さんとのこと、後は結婚式を挙げるだけなんだってね?」 ぶふぅっ。 親友から唐突に発せられた言葉に飲んでいたコーヒーを吹き出してしまった。 「ど、どういうことだ?ってか何の話だ?」 「はははっ。いやいや、もう隠さなくていいって。ずっと前から外堀、埋めてたろう?昨日....
著者 : 赤茄子橄
カクヨム

俺のクラスに若返った元嫁がいる

 黒瀬航平と鯉川柚花は離婚届を提出した直後に車に轢かれ、ふたり揃って高校の入学式当日にタイムスリップした。  お互いにタイムスリップしたことを知り、ふたりは『幸せな人生を送るために二度と関わらない!』と約束したが……ふたりとも趣味が同じで相性もぴったりだった。そのため行く先々で鉢合わせになり、一緒に....
著者 : 猫又ぬこ
小説家になろう

【10/8書籍2巻発売】王妃になる予定でしたが、偽聖女の汚名を着せられたので逃亡したら、皇太子に溺愛されました。そちらもどうぞお幸せに。

「エルヴィラ・ヴォダ・ルストロ。お前を聖女と認めるわけにはいかない! お前が育てていた『乙女の百合』は偽物だった! この偽聖女め!」 アレキサンデル様が、わたくしをそう罵ります。 皆が驚きの声をあげました。 「エルヴィラ様が聖女でなかった?」 「何かの間違いでは?」 それもそのはず。 本来なら....
著者 : 糸加
小説家になろう

伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

きっと、恋を知らないままでよかった。 伯爵令嬢のシャーロットはもうすぐ顔も知らないおじさまと結婚する。 だから最後にひとつだけわがままを叶えようと屋敷をこっそり抜け出した。 そこで知り合ったのは王都の騎士団に所属するという青年で——。 ※作者本人による本家サイトからの転載です。 ....
著者 : 瑞原唯子
エブリスタ

縁側の月

15歳の時、同級生の男の子に片思いをしていた。 30歳になって出会ったのは、その人の弟でした。 子供のころから優等生、将来有望だったはずなのに、普通にちゃんと一人前に生きて行くことって難しい。 30歳、独身。 思い切って中古物件を買って、地元に戻ったら、昔大好きだった人の弟に会いました。 「葵、....
著者 : 蒼穹(そら)
エブリスタ

35歳の迷子たち

大手商社に勤め、周囲からの評価も高い、芦川 理紗子(あしかわ りさこ)。 あえて恋愛よりも仕事を優先し、日々の充実感を得ていたはずだった。 けれど……。 6年ぶりに連絡してきた元カレ。「嘘です」が口癖の年下男。40代半ばのバツイチ上司。 惚れた腫れたは置いてきたはずなのに、35歳の誕生日を機に、少し....
著者 : イアム(麻沢 奏)
小説家になろう

金貨100枚の花嫁~捨てられ令嬢は、疎遠になっていた幼なじみに求婚される~

「喜べ、ディタ。おまえを金貨100枚で買ってくれる貴族が現れたぞ!」 男爵の姪であるディートリンデは従妹に婚約者を奪われ、中年オヤジの後妻にさせられそうになる。 そこへ、伯爵家出身の騎士であるバルタザール・リューガーが金貨100枚と引き替えにディートリンデに求婚する。 だがこのバルタザールという男....
著者 : 瀬尾優梨
小説家になろう

妹と婚約者にだまされて死刑になるはずだったのに、なぜか死神と呼ばれる人嫌いな公爵様に求婚されています

平穏を愛する伯爵令嬢イレーヌは、婚約者である王太子リュシアンからやっと婚約破棄を言い渡された。 女にだらしないリュシアンは浮気し放題。面食いな妹アデルにまで手を出す始末。 アデルからは早く王太子を譲れと嫌がらせをされ、毎日うんざりしていた。 これで肩の荷が下りた――と思ったのもつかの間。 なんとふた....
著者 : 真波ロン
小説家になろう

溺愛婚約者の裏の顔 ~そろそろ婚約破棄してくれませんか~

 ニナには、幼い頃からの婚約者がいる。  3歳年下のティーノ様だ。  本人に「お前が行き遅れになった頃に終わりだ」と宣言されるような、典型的な「婚約破棄前提の格差婚約」だ。  行き遅れになる前に何とか婚約破棄できないかと頑張ってはみるが、うまくいかず、最近ではもうそれもいいか、と半ばあきらめている....
著者 : 瀬里
野イチゴ

ホオズキの花 〜偽りから始まった恋の行方〜

大好きだった恋人が、私の姉と結婚した それは、病院を立て直すため 政略結婚をさせようとする父の策.......
タイトルとURLをコピーしました