結婚の小説一覧

小説家になろう

モブ令嬢の結婚話

モブ令嬢として生まれた私は今日、ごく一般的な政略結婚をする。....
著者 : かからんだんご
小説家になろう

「君は政治というものを分かっていない」と言われた勇者

魔王討伐を果たした勇者アレンは、謁見の間にて国王に「魔王を倒した直後から、勇者の力が失われた」と告白する。その告白を聞いた国王は顔色を失い、当てが外れたと言い残して謁見の間から出ていく。場に取り残された勇者アレンに声を掛けた人物は、かつて魔王討伐を共に果たした仲間である賢者ヴィードであった。豹変した....
著者 : 凡場はま
小説家になろう

死にぞこない妃と死にゆく王~追放された王と妃は、このままでは終われない

病弱で二十歳まで生きられないと言われていた侯爵令嬢のブリジットは、十九歳で余命幾ばくもないクロード国王の元へと嫁ぐ。 かつて魔王と恐れられたクロード国王は戦の傷が原因で身体が動かせなくなり、意思の疎通もできない。 そんな彼と寂しい古城で残された時間を過ごすことになったブリジットだったが、やがて彼の....
著者 : 伊月十和
小説家になろう

冷遇妻だけど、夫に愛されていたようです。知るか。

美貌の王女を母に、身分の低い男を父に持つレリア(父似)は王家の姫として、ライランズ公爵であるアウグストのもとに嫁いだ。 だが結婚して半年経っても夫に触れられないだけでなく、ろくに目を合わせることも会話をすることもできなかった。 とうとう離縁を切り出そうとしたレリアに、アウグストはとんでもないことを....
著者 : 瀬尾優梨
小説家になろう

聖女が「甘やかしてくれる優しい旦那様」を募集したら国王陛下が立候補してきた

これまでは冷遇してきたくせに自分が星女神教会の聖女になった途端手のひらを返して結婚を勧めてきた実の父がウザいので、ステイシーは以下の条件に当てはまる男性を夫に希望した。 ・とろとろに甘やかしてくれること ・とびっきり優しいこと ・誠実で、浮気を絶対にしないこと ・ステイシーが家事を一切しないのを許....
著者 : 瀬尾優梨
小説家になろう

旦那様に手紙を送ったら、間違えてノリとネタで書いた離婚届と手紙だった。【釣書シリーズ 3】

日間総合で二日間の三日天下を成し遂げた(⁉) 『釣書』のシリーズ第三弾!  今度のソフィちゃんは――――  離婚届とジョルダン様の心をえぐるお手紙!  反省って何? 美味しいの?  ちょっと抜けているソフィちゃんと、我慢強い男ジョルダンのドタバタラブラブコメディ!  ※このシリーズに出てくる書....
著者 : 笛路
小説家になろう

私の恋が消えた春

「愛しているのは、今も昔も君だけだ……」 ──え? 風が運んできた夫の声が耳朶を打ち、私は凍りつきました。 彼の前にいるのは私ではありません。 アルファポリス様でも公開中です。....
著者 : @豆狸
小説家になろう

結婚して5年、初めて口を利きました

―――出会って、結婚して5年。一度も口を聞いたことがない。 ミリエルと旦那様であるロイスの政略結婚が他と違う点を挙げよ、と言えばこれに尽きるだろう。 その二人が5年の月日を経て邂逅するとき....
著者 : 宮野 楓
小説家になろう

【5/10コミカライズ3巻発売】王妃になる予定でしたが、偽聖女の汚名を着せられたので逃亡したら、皇太子に溺愛されました。そちらもどうぞお幸せに。

「エルヴィラ・ヴォダ・ルストロ。お前を聖女と認めるわけにはいかない! お前が育てていた『乙女の百合』は偽物だった! この偽聖女め!」 アレキサンデル様が、わたくしをそう罵ります。 皆が驚きの声をあげました。 「エルヴィラ様が聖女でなかった?」 「何かの間違いでは?」 それもそのはず。 本来なら....
著者 : 糸加
小説家になろう

【続編】虐待されて虐められていた俺がお嬢様を助けたら婚約者になって人生大逆転できたので幸せを満喫します。

浮気相手との間に生まれたせいで家族からは虐待され、学校では虐めに遭っている俺。毎日放課後から深夜まで働かされながらも、成功して全てを見返すために勉強に励み、全国模試で1位を取るまでになっていた。 高校を卒業するまであと2年。それまでの我慢だと踏ん張っていたところ、女子高生が誘拐されそうになっている....
著者 : 松竹梅竹松
タイトルとURLをコピーしました