R15は保険の小説一覧

小説家になろう

どうやら俺の能力は、強くなるたびに悪名が高まる仕様らしい

 人間が、女神から授けられる祝福(ギフト)の恩恵を受けて暮らす世界。  西方諸国にある強国、ノルドマルス帝国の貴族家の一つ、ザイフリート伯爵家の長男として生を受けた“ルドルフ”もまた、十歳の時に『洗礼の儀』によって祝福を授かる。  ――祝福の名は、【悪名】。  だが、そんな不吉な祝福を帝国の長....
著者 : サンボン
小説家になろう

身に覚えのない容疑をかけられた俺を助けてくれたのは学校一の美少女でした。

 俺、葛木秀はどこにでも居る普通の高校生だ。  特に陽キャでもなければ陰キャでもないそんなありふれた一般人。  そんな俺が今朝登校したら教室前にクラスメイトが立ち往生していた。  何かあったんだろうか? 「おい葛木っ!これお前の仕業だろ!」  っえ?....
著者 : 抹茶風レモンティー
小説家になろう

これが現実なのですわ!

 前世の私が、引きこもりを極めて生活習慣病で亡くなったのを機に、私はある世界のある国に、公爵家令嬢として転生しました。  前世の家族も私も、皆が不器用だった。愛されていたとは思う。教師をしている両親の家に産まれた私は、小さい頃から厳しく育てられました。抑圧された育ち方は、成長と共に、引きこもりと....
著者 : 知里
小説家になろう

【番外編連載中】弟の策略により命を落とした不器用な冷害王子は、最後まで祈りを捧げてくれた、婚約破棄した不器用な侯爵令嬢のために二度目の人生で奮闘した結果、賢王になりました

☆番外編時々更新!(不定期更新ですが、多分週一更新です)  新興国エストライン王国の第一王子として生まれた“ディートリヒ”は、母親の虐待により感情を失くしてしまい、周囲からは“冷害王子”と揶揄されていた。  ディートリヒが十三歳を迎えた頃、一人の少女に出逢う。  それは、フリーデンライヒ侯爵家の....
著者 : サンボン
小説家になろう

十年間繰り返される悪夢で幾千の死を乗り越え、僕は婚約破棄されて『迷宮刑』に処せられた地味で優しい子爵令嬢を救い、幸せになりました。

 大国アストリア帝国の貴族、“エスコバル”伯爵家の長男“イヴァン”は、八歳の誕生日の夜、不思議な夢を見た。  それは、帝国の皇太子やその取り巻きが婚約者に対し、婚約破棄を行うというもの。  だが、そんな茶番は皇帝陛下の登場により終わりを迎える。 『皇太子をはじめ、婚約破棄に関連した者全てを、アス....
著者 : サンボン
小説家になろう

【本編完結】弟の策略により命を落とした不器用な冷害王子は、最後まで祈りを捧げてくれた、婚約破棄した不器用な侯爵令嬢のために二度目の人生で奮闘した結果、賢王になりました

☆4/8の夜より番外編開始予定!(不定期更新です)  新興国エストライン王国の第一王子として生まれた“ディートリヒ”は、母親の虐待により感情を失くしてしまい、周囲からは“冷害王子”と揶揄されていた。  ディートリヒが十三歳を迎えた頃、一人の少女に出逢う。  それは、フリーデンライヒ侯爵家の令嬢で....
著者 : サンボン
小説家になろう

【完結】弟の策略により命を落とした不器用な冷害王子は、最後まで祈りを捧げてくれた、婚約破棄した不器用な侯爵令嬢のために二度目の人生で奮闘した結果、賢王になりました

 新興国エストライン王国の第一王子として生まれた“ディートリヒ”は、母親の虐待により感情を失くしてしまい、周囲からは“冷害王子”と揶揄されていた。  ディートリヒが十三歳を迎えた頃、一人の少女に出逢う。  それは、フリーデンライヒ侯爵家の令嬢でディートリヒのの婚約者、“マルグリット”だった。  最....
著者 : サンボン
小説家になろう

【第二章開始】弟の策略により命を落とした不器用な冷害王子は、最後まで祈りを捧げてくれた、婚約破棄した不器用な侯爵令嬢のために二度目の人生で奮闘した結果、賢王になりました

 新興国エストライン王国の第一王子として生まれた“ディートリヒ”は、母親の虐待により感情を失くしてしまい、周囲からは“冷害王子”と揶揄されていた。  ディートリヒが十三歳を迎えた頃、一人の少女に出逢う。  それは、フリーデンライヒ侯爵家の令嬢でディートリヒのの婚約者、“マルグリット”だった。  最....
著者 : サンボン
小説家になろう

弟の策略により命を落とした不器用な冷害王子は、最後まで祈りを捧げてくれた、婚約破棄した不器用な侯爵令嬢のために二度目の人生で奮闘した結果、賢王になりました

 新興国エストライン王国の第一王子として生まれた“ディートリヒ”は、母親の虐待により感情を失くしてしまい、周囲からは“冷害王子”と揶揄されていた。  ディートリヒが十三歳を迎えた頃、一人の少女に出逢う。  それは、フリーデンライヒ侯爵家の令嬢でディートリヒのの婚約者、“マルグリット”だった。  最....
著者 : サンボン
小説家になろう

婚約者が浮気していたので流れで仕返ししたら、なんだか新恋人ができました

私はセレス・グリフィン。お商売で成り上がった伯爵家の令嬢。 私には5年越しの名門出の婚約者がいるけれど、彼は女にだらしがなくて、今も目下ラブラブ浮気中。 もう愛情のカケラもないので、婚約破棄してもらいたいけれど、格下のうちから言い出すわけにもいかず困ってたの。 でも、ついに、友達の後押しで、仕返しす....
著者 : 幌あきら
タイトルとURLをコピーしました