ダメ姉と言われたわたし、聖女じゃないって見捨てられたから兼業しました

著者:銀青猫

 キラキラが見える姉イシルと、黒いものが見える妹ルルー。
 両親は、小さい頃のイシルの言葉は信じず、ルルーは見えないものが見えて特別だと贔屓した。
 ルルーの見ているものが見えないイシルを、家族は皆ダメ姉と呼び無視した。ルルーはイシルを見下し、しかも彼女は級友をいじめるなど底意地が悪かった。

 神殿から迎えが来て、ルルーは聖女候補となり両親も引っ越した。後継として婿をとって家を継ぐはずだったイシルは、一人、育った村の隣町に放り出された。
 そこでイシルは心通わす人に出会い、焼き菓子店で働く傍ら、小神殿で学ぶようになった。

 え?ダメ姉のわたしが聖女候補?しかも側にいてくれる神官さんがとても素敵なんですけれど。

 設定はゆるゆるです。怪我といじめの描写があるため*R15指定としました。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました