ぼっちの俺がゲームスキルで大人気配信者になった件

著者:相野仁

鷲尾かけるはゲームが得意なぼっち。
細々と個人でゲーム配信をしていたある日、Vの事務所「ペガサスオフィス」からスカウトされた。
Vの世界だとリアルの関係性がリセットされること、違う自分なれるかもしれないと思って彼は承知してVチューバー「バード・スカイムーブ」となる。
そして初配信の日、驚異的なゲームの腕を見せて視聴者を大いにわかせる。
その日の夜、チャンネル登録者数130万超えの大人気ライバー雪眠ラチカにSNSで絶賛された影響でバズってしまう。
そしてその日から「バード・スカイムーブ」は大人気ライバーとしての道を駆けあがっていく。
かけるはVライバーの世界こそ自分の居場所だと思うのだった。
カクヨムに一話先行で投稿してます。

ぼっちの俺がゲームスキルで大人気配信者になった件のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました