「お前はクビだ!」と事務所を追い出された天才アイドルプロデューサーの再奮闘〜ナンパされていた女の子が実は売れない地下アイドルだったのでアイドル界のトップにしてみたらアイドルにモテまくっています〜

著者:津ヶ谷

 四宮渉(しのみやわたる)は巷では人気のアイドル、『ユメミヤ』というグループを初期からプロデュースした陰の功労者だった。

 しかし、四宮の天才的技量に嫉妬する者が多くいたのもまた事実であった。
そんな時だ、事務所の社長から「お前はクビだ!」と宣言されてしまう。

 理由を聞いても決定事項だからとしか言われなかった。
長年プロデュースしてきた『ユメミヤ』からも「あんたには育ててもらっていない!」と言われてユメミヤには新しい若いプロデューサーが付いて、渉は事務所を追い出されてしまう。

 途方に暮れて外を歩いていた時、ナンパされている女の子がいたので何となく助けてみた。
その女の子、音坂莉奈(おとさかりな)が実はまだ売れていないアイドルだと聞かされ、渉に再び火がついてしまった。

 これは、追放された天才アイドルプロデューサーが売れない地下アイドルをアイドル界のトップにまで導いてアイドルにモテまくるラブコメである。

4/21 日間ジャンル別ランキング1位
4/29 週間ジャンル別ランキング1位
4/28 日間総合ランキング5位

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました