記憶をなくした俺はずっとブラコンを隠していた妹に「あたしたち恋人同士だよ」と騙された。〜だがすでに俺の記憶喪失は治っている!〜

高校2年生の主人公である越ヶ谷樹は、ある日事故にあって記憶を失ってしまった。
それを知った妹の彩羽は、ここぞとばかりに兄である樹を騙そうとする。

「あ、あたしたち、こ、ここ、恋人同士だったんだから!」

すっかり騙された樹。
いちゃいちゃするふたり。
しかし樹の記憶は、たったの数日で戻ってしまった!

そうとも知らず、彩羽は今日も嬉しそうに兄に引っ付いていく。

「ね、ねぇ。
恋人なんだし、いいよね。
あたしのこと、ぎゅーってして……!」

これは記憶喪失になったのをきっかけに、ブラコン妹や美少女クラスメートや無口クールな幼馴染なんかが、自分に都合の良いように主人公を騙そうとしてくる物語。

だが彼は全部気付いている……!

※どうぶつの森に旅立ちます。不定期更新。カクヨムにも掲載しています。

記憶をなくした俺はずっとブラコンを隠していた妹に「あたしたち恋人同士だよ」と騙された。〜だがすでに俺の記憶喪失は治っている!〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました