友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう

著者:としぞう

※約6000字、読了までの所要時間約10~15分程度の短編です。
※ご好評につき連載版を見切り発車しました。

大学1年生の白木求はある日、高校来の友人である宮前昴に貸していた500円の返済を催促する。
求からすれば記憶喚起程度の緩いものだったが、何故か昴は借金のカタとして高校3年生の妹、朱莉を送り込んできた。

あまりに大袈裟な対応に困惑する求と、妙にグイグイ攻める朱莉。

そんな債権者(500円)と債務者の妹という奇妙なラブコメディが今始まる。(即完結)

友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろうのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました