嫌われ妻は、英雄将軍と離婚したい!いきなり帰ってきて溺愛なんて信じません。

著者:柊 一葉

ソアリスは、お城に勤める22歳の伯爵夫人。

結婚したのは10年前。
とにかくお金が欲しい伯爵家と
名誉が欲しい成金の子爵家の契約結婚である。

結婚当時、夫のアレンディオは15歳の伯爵令息。ソアリスは12歳の子爵令嬢。

「なんで君なんだ」
「…………そうですよね、私もそう思います」

会話は続かず、黙ってお茶を飲むこと数回。互いのこともよく知らぬまま、わずか3か月後にはアレンディオは騎士として戦地へ旅立った。

「跡取りだからお金さえ払えば兵役を免除されるのに、そんなに私との結婚がイヤだったの……?」

そして10年間、形式的な手紙が半年に一回やってくるだけで、相変わらず互いのことは何も知らない。

成金だった実家の没落により、ソアリスはお城勤めを開始して22歳になっていた。

ところが、まさかのまさかで夫のアレンディオは大活躍し、将軍として数々の武功をあげる。
そして長らく続いた戦に勝利し、凱旋するという噂が。
結婚していることをふと思い出したソアリスは「これで離婚できる」とほっとする。

この10年、城で王女さまの金庫番として確固たる信頼を得た彼女は、
もうそろそろ自由になってもいいのではと思っていた。

「英雄になった彼には、もっとふさわしい相手がいるはず」

しかし現れた彼は、ソアリスに会うなり「早く結婚式を挙げよう」と言い出した。

握りしめていた離婚申立書を渡す暇もないままに、報奨金の一部だという巨大な邸へ連れ去られ、予想外の溺愛生活が始まる。

「君は10年前と変わらず可愛らしい」

「旦那様、戦で目をやられましたか」

立派になりすぎた夫と、どうにかして離婚したい妻の攻防録です。

★アルファポリスでも公開中

嫌われ妻は、英雄将軍と離婚したい!いきなり帰ってきて溺愛なんて信じません。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました