気になっていた子から嘘告されたので俺はその子を嫌いになりました。

著者:しらす

俺、滝原 和人は嘘告が嫌いだ。

理由は当然嘘告をされたことがあったからだ。

高校では、普通の恋愛がしたい。そんなことを思っていた和人だったが、気になっていた子に嘘告される。

俺はその子に幻滅する。

しかしその子は、この嘘告をきっかけでほんとの恋人に·····などと思っていた。

気になっていた子から嘘告されたので俺はその子を嫌いになりました。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました