おい、外れスキルだと思われていた《チートコード操作》が化け物すぎるんだが。 〜実家を追放され、世間からも無能と蔑まれていたが、幼馴染の皇女からめちゃくちゃ溺愛されるうえにスローライフが楽しすぎる〜

著者:どまどま

 18歳になると、誰もがスキルを与えられる。
 剣聖の息子――アリオス・マクバは、きっと最強スキルを授けられるだろうと期待されていた。

 だが、授けられたスキルは《チートコード操作》。

 前例のないその能力に、アリオスは《外れスキルの所持者》という烙印を押される。
 
 反面、その場に居合わせた孤児がなんと《白銀の剣聖》というスキルを開花させ、父はその孤児を引き取ろうとしてしまう。

(実際にも、アリオスのスキルの開花時には攻撃力のアップしかできなかった)

 そのせいでアリオスは実家を追放されるのだが……戦闘する度に次々と強すぎる力を習得し、アリオスは文字通りあらゆるチートを使いこなすようになる。

 しかも、そのうち第二皇女と仲良くなってしまい……?

おい、外れスキルだと思われていた《チートコード操作》が化け物すぎるんだが。 〜実家を追放され、世間からも無能と蔑まれていたが、幼馴染の皇女からめちゃくちゃ溺愛されるうえにスローライフが楽しすぎる〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました