【完】そのズルさ、やみつき。

薔薇のように美しい先輩
でもかなり棘がある。
触れたら最後
彼なしでは生きていけなくなってしまう。
意地悪美男子先輩×振り回され女子
掴めない、掴めないから。
手を伸ばそうと必死になって
いつのまにか
惑わされていたことに気づく。
「無防備な天沢ちゃんがいけないんだよ。」
ほらもうすぐ。
その体に
毒が回ってくるよ。
総合ランキング2位
本当にありがとうございます!
はじまり
2020・5/22
おしまい
2020・7/02
小説を読む

【完】そのズルさ、やみつき。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました