1/100でも、じゅうぶん甘いね。

きみと恋に落ちたあの日から、
私の世界はずっときらめいてる。



「いたの?背小さすぎて見えなかった」
(……あ、髪型変えたんだ、可愛い)
思ってることの1/10しか
口にできない不器用彼氏
倉科 唯
Kurashina Yui
×
「い、意地悪……」
(意地悪な顔も格好いいなんてずるい)
彼の好意の1/10しか
気付けない鈍感彼女
百井 柑奈
Momoi Kanna



彼の気持ちが彼女に伝わる確率は、
たった1/100……?
『──それでも、じゅうぶん甘いね』
あらすじ
高校2年生の唯くんと柑奈は、付き合って1年近くのカップル。意地悪でなかなか素直に愛を伝えられない唯くんと、鈍感で唯くんの愛情表現になかなか気付けない柑奈。1/100しか伝わっていなくても、じゅうぶん甘い、ふたりの日常。
小説を読む

1/100でも、じゅうぶん甘いね。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました