巨乳だと思っていた幼馴染の彼女が実はパッド入りだったけど、それでも好きなことに変わりはない

著者:三葉空

 森川圭吾(もりかわけいご)は平凡で冴えない高校2年生だ。
 彼は幼馴染で学園の人気者である大神恵(おおがみめぐみ)に想いを寄せていたが、付き合うことはあきらめていた。
 彼女は頭も良く、優しくて、おまけに巨乳と。
 まさかに完璧な美少女なのだ。
 けれども、やっぱり付き合いたい、例えフラれてもこの想いを伝えたいと決意をする。
 そして、ダメ元で告白をしたらまさかのオーケーだった。
 恵もずっと彼のことが好きだった。
 それから、幼馴染の恋人同士、ラブラブな日々を過ごす。
 そして、ついに初めてのエッチをしようとした時……圭吾は恵の真実を知った。
*この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

巨乳だと思っていた幼馴染の彼女が実はパッド入りだったけど、それでも好きなことに変わりはないのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました