転生大聖女の異世界のんびり紀行

著者:四葉夕卜

 睡眠時間ほぼゼロのブラック企業に勤める花巻比留音(はなまきひるね)は心の純粋さから、女神に加護をもらって異世界に転生した。
 気づけば八歳の身体、見た目は金髪碧眼の美少女に――女神さまがくれた身体だと喜ぶも転生して拾われた先は教会だった。
「君には聖女の才能がある」
 新しい人生ではのんびりふかふかの布団で思い切り寝たい。でもどうやら聖女見習いにならないと生きていけないらしい。なるほど聞けば大聖女になると自分の教会がもらえるらしい。
「大聖女になってふかふか布団で一日中ごろごろしよう」
 この話は、眠気と戦いながらもマイペースにスローライフを満喫しようとする居眠り大聖女の物語――

転生大聖女の異世界のんびり紀行のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました