白魔術師の幼馴染が勇者パーティーから追放されたので私がもらう

著者:今川幸乃

錬金術師の私、エルナには幼馴染のミアという白魔術師がいる。
心優しい彼女は世界の人々を救うため、当代最強と言われる勇者のパーティーに入った。
しかし勇者は実力に反して性格は酷く、パワハラセクハラは当たり前、挙句ミアのスキルを「使えない」と追放した。
だから落ち込んでいたミアを私は溺愛することにした。
そしてミアの支援スキル『詠唱短縮』『代償軽減』は勇者には「いらない」と言われたが、
詠唱時間の長さや必要素材の多さがネックの錬金術に使うことでアイテムの無限高速生成が可能になっていく。
あと勇者、お前は許さんからな

コメント

タイトルとURLをコピーしました