前世で両親に愛されなかった俺、転生先で溺愛されましたが実家は没落貴族でした! ~ハズレと評されたスキル『超器用貧乏』で全てを覆し大賢者と呼ばれるまで~

著者:八神 凪

両親に愛されなかった男、『三門 英雄』
 事故により死亡した彼は転生先で『ラース=アーヴィング』として生を受けることになる。
 すると今度はなんの運命のいたずらか、両親と兄に溺愛されることに。
 ライルの家は貧乏だったが、優しい両親と兄は求めていた家庭の図式そのものであり一家四人は幸せに暮らしていた。
 また、授かったスキル『超器用貧乏』は『ハズレ』であると陰口を叩かれていることを知っていたが、両親が気にしなかったのでまあいいかと気楽な毎日を過ごすラース。
 ……しかしある時、元々父が領主だったことを知ることになる。
 
 ――調査を重ね、現領主の罠で没落したのではないかと疑いをもったライルは、両親を領主へ戻すための行動を開始する。
 実はとんでもないチートスキルの『超器用貧乏』を使い、様々な難問を解決していくラースがいつしか大賢者と呼ばれるようになるのはもう少し先の話――…続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました