聖女様に醜い神様との結婚を押し付けられました

著者:村川咲

「ごめんね、エレノアちゃん。悪気があるわけじゃないのよ」
幼馴染みの聖女アマルダは、そう言って私に『無能神』と呼ばれる醜い神様との結婚を押し付けた。
そのくせ、アマルダ本人は最高神と新たに結婚を決め、幸せいっぱい。
一方の私は、元々の婚約も破棄されたうえ、神殿の隅に追いやられ、醜い無能神の相手をしながらひっそり生きていく羽目に。
……のはずだけど、この神様、ぜんぜん『無能』じゃないですよね?
それになぜか、他の神々がみんなこの神様を敬っているみたいなんですけど……?
※ヒーローは途中で人型になりますが、最初はエグいくらいの異形です。
※アルファポリスでも公開しています。

聖女様に醜い神様との結婚を押し付けられましたのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました